10月21・22日に産業フェス&JA感謝祭

産業フェス

フェスティバル概要を確認した実行委員会

 「すかがわ産業フェスティバル2017&JA夢みなみすかがわ岩瀬地区感謝祭」は10月21、22の両日、大石まどかさんの歌謡ショーや市内事業所製品・農産品を多数出展して須賀川アリーナや市文化センターで開かれる。
 市内の農・商・工業とサービス業が市民と連携し、地産地消の思想を普及するとともに、地域内循環への理解浸透を図る目的で実施している。
 市内の幅広い産業が屋外・屋内会場と特設ステージなどで様々なイベントを催す。
 アリーナ駐車場の屋外会場では、ミニ列車やバッテリーカー、各種模擬店や農産物販売、白バイ・パトカーや消防車両の展示・試乗などを予定している。
 アリーナ内の屋内会場では農業応援コーナーやワンコイン米すくい、各種体験、バザー、模擬体験、福祉事業所販売の各コーナー、健康推進ブースなどが設けられるほか、友好都市の神奈川県座間市の特産品販売も行う。
 アリーナ駐車場の屋外ステージでは21日が大石まどか歌謡ショー、大道芸人風船ショー、キュウリコンテナ早づくり競争など。22日はレディーエリカものまねショー、魔法の風船ショー、JA女性部のフラダンス、よさこい踊りのほか、地元特産品が当たる人気の「JA夢みなみダーツの旅」は2日間実施する。
 市文化センター大ホールでは21日にアンパンマンショー、22日に年金友の会芸能発表大会を催す。ホワイエでは小中学校書写・ポスターが並ぶ。
 当日は須賀川アリーナなど駐車場を4カ所約440台確保するほか、市内循環バスコースを基に無料シャトルバスを運行する。
 イベント開催に向けた実行委員会が9日、関係者ら約20人が出席して市役所で開かれた。実行委員長の橋本正和夢みなみ代表理事組合長があいさつし、「今年で24回目となるイベントであり、多くの市民の皆さんがご来場いただけるようご協力よろしくお願いします」と呼びかけた。
 28年度各種報告、29年度事業計画、収支予算など協議し、5万人(前年度5万2000人)を動員目標に各種イベントの実施を確認した。