15日に市民よさこい・盆踊り大会

須賀川市民

宮先町交差点に設置された通行止めの立て看板

 須賀川市民よさこい・盆踊り大会は15日、松明通り(宮先町~本町交差点区間)で開かれる。盆踊りとよさこい踊り計18団体512人が出演、会場は午後5時から午後9時まで車両通行止めとなる。
 午後5時半から須賀川市歌に合わせて踊る「市歌ダンス」を仁井田のよさこい団体一夜舘を中心に披露する。
 須賀川市歌は昭和29年に市制施行を記念して阿武隈時報社が市教委後援のもとで募集し、菅野睦郎さんの作品が勝承夫さんの補作を受け一等入選に選ばれた。
 歌詞には宇津峰や松明、「意気・自治のまち」など須賀川の豊かな自然や歴史、風土などが盛り込まれ、今も多くの市民から愛され続けている。
 市歌ダンスは一夜舘メンバーが中心で踊るヒップホップ調の軽快なダンスで、当日希望者の参加も大歓迎している。興味のある人は午後5時半までに本部のある須信金本店営業部駐車場前まで集合する。
 また午後5時45分からは須賀川小唄、午後6時からよさこい踊り、午後7時から懸賞盆踊りがスタートし、18団体が最高賞の「あんたらが大賞(市長賞)」を目指して息の合った踊りを披露する。
 ほかにも団体賞として特別参加賞2万円1本、がんばったで賞1万5000円(参加全チーム)。個人賞のウルトラマン賞(中央商店街振興組合提供)5人、参加者全員に飲み物をプレゼントする。
 盆踊りも当日の飛び入り参加大歓迎で、毎年多くの老若男女が浴衣姿で踊りの輪に加わっている。祭りのおはやしは今年も須賀川合同民謡会が務める。
 参加団体は次の通り。
▽盆踊り=須賀川市シルバー人材センター、須賀川舞踊協会、須賀川市議会議員クラブ、須賀川合同民謡会、東邦銀行、須賀川商工会議所女性会、須賀川市役所、四丁目町内会、須賀川市歌・須賀川小唄普及推進の会▽盆踊り・よさこい踊り=須賀川信用金庫、すかがわ松明連、大東踊ってみっせ21、宇津峰YOSAKOI、一夜舘、稲田キラリ組、IWAっSE美翔連絆、百花繚乱、遊舞炎舞