10日に道の日で道路清掃

 県建設業協会須賀川支部(横山敦支部長)と須賀川市建設業者協議会(榊原功城会長)の加盟52社約160人は10日の「道の日」に合わせて管内の幹線県・市道道路美化作業を今年も行う。
 道路ふれあい月間に合わせて、安全で快適な道路環境の維持向上のため、実施しており、県道は12社約40人、市道は40社約120人が作業する。
 午前8時から須賀川アリーナで出発式を開き、横山支部長、橋本克也市長らがあいさつし、同15分ごろから各担当場所に分かれて、デリネーターの掃除、ガードレールや標識などの曲がり修正、見通しの悪い場所の枝はらいと除草、ゴミ拾いなどに汗を流す。