復旧の藤沼自然公園ウオーク

藤沼ウオーク

復旧した藤沼湖を眺めながら歩く親子

 須賀川市歩こう会(木村宏会長)の「復興・藤沼自然公園ウオーク」は6日、大人から子どもまで多くの参加者が藤沼湖の周囲を散策した。
 東日本大震災で大きな被害があった同湖が復旧し、復興の祈りを込めて行われた。
 日本市民スポーツ連盟公認大会で、県ノルディックウオーキング協会須賀川支部共催、市、市体育協会、阿武隈時報社など後援。
 橋本克也市長らのあいさつのあとラジオ体操で準備を整え、それぞれ選んだ6㌔の「健康コース」と11㌔の「頑張りコース」を復旧した藤沼湖を眺めながら元気に歩いた。
 参加者同士あいさつや会話を交わし、ゴール後は味ご飯とお茶が振る舞われ、身も心もリフレッシュした。