8月1日から第3稲荷踏切通行止め

第3稲荷

8月1日からの通行止めとなる第3稲荷踏切

 須賀川市南町のJA斎場あいりすホール須賀川脇の東北本線鏡石・須賀川駅間第3稲荷踏切は、8月1日から踏切と市道拡幅工事のため通行止めとなる。
 期間は12月29日まで。24時間通行できない。工事の進捗状況により期間がずれる場合もある。
 今回の拡幅工事は道幅を広げ車両が対面通行できるようにし、歩道を設置して通行者の安全を確保する。
 生徒が通学路として踏切を渡る須賀川一中では1学期の終業式で年内利用できないこと、中央体育館前から学校に通学すること、途中にある遮断機のない踏切は絶対に利用しないことを指導した。
 第3稲荷踏切は国道4号線と南町・大町エリアを結ぶ路線として利用者も多く、並木町エリアの朝の車両侵入禁止時間厳守など児童生徒の安全確保のため理解と協力が呼びかけられている。
 なお道路利用者利便性向上のため、JA夢みなみ前丁字路交差点の右折レーン増設工事も合わせて行う。