8月2日青少年9人がオーストラリアへ

須賀川市青少年

8月2日から渡豪する派遣生たち

 須賀川市青少年人材育成海外派遣事業研修視察団は8月2日から9日まで7泊8日の日程で、オーストラリア・シドニーを訪問し、世界遺産見学や現地学校との交流などを体験する。今年度は大河内望未リーダー(須賀川桐陽高1年)ら小中高校生9人が渡豪する。
 海外派遣事業は子どもたちの健全育成を願い寄付した故安藤ツヤさんの遺志に基づき設立した基金を活用し今回で7回目の派遣となる。優れた国際感覚を身に付けた、須賀川の将来を担う人材育成を目指している。
 前年度に文芸や音楽、体育などの分野で派遣基準を満たす成績を収めた児童生徒から参加者を募り、書類選考などを経て選ばれた。
 今年度の派遣生は斧田明花音さん(須賀川一小6年)、大河内望未さん(須賀川桐陽高1年)、佐藤由美さん(仁井田中3年)、岡部真衣さん(須賀川二中1年)、馬飼野若奈さん(須賀川桐陽高1年)、佐藤由萌さん(須賀川高1年)須田日菜子さん(須賀川二中2年)、永瀬圭志朗君(西袋中1年)、小針莉夏子さん(仁井田中3年)。武田純学校教育課指導主事と金澤佳代子健康づくり課保健師が引率する。
 派遣生たちは6月8日の結団式から計3回の研修を受け、現地の風土や文化、海外生活の基礎などを学び、現地学校(Hawkesbury Independent school)との交流で披露する須賀川の紹介など話し合った。
 出発式は8月2日正午から市役所大会議室で開かれ、柳沼直三教育長があいさつし、大河内リーダーが代表であいさつする。同日午後7時25分の飛行機で成田空港からシドニーに向かい、ホームステイや世界遺産見学などを予定している。帰国報告は同18日、研修視察報告会は9月16日に開かれる。
 主な研修スケジュールは次の通り。
▽8月2日=出発式、成田空港からシドニーへ▽3日=シドニー市内観光(オペラハウス、ミセス・マッコリーズ・ポイント、千とメアリー大聖堂など)▽4日=学校交流、ホストファミリーと対面▽5、6日=ホームステイ▽7日=世界遺産ブルーマウンテンズとフェザーデール動物園観光▽8日=シドニー市内社会見学(シドニーフィッシュマーケット、中華街散策、ショッピングなど)▽9日=帰国(須賀川着午後10時半予定)