サマーショートボランティア始まる

サマーショート

子どもたちとダンスを楽しむ石森さんと坂本さん

 須賀川市社会福祉協議会(溝井正男会長)のサマーショートボランティアは24日から市内28施設の協力でスタートし、高校生から一般まで122人が活動している。
 夏休み期間を利用して福祉の仕事やボランティアに理解を深めてもらうため毎年実施し、地元からは須賀川、須賀川桐陽、清陵情報、長沼の4高校生が参加している。
 このうち24日の白鳩保育園の活動には須賀川桐陽高校3年の坂本美樹さんと石森ゆうかさんが参加し、子どもたちとお遊戯やダンス、お昼ご飯を食べるなどして仲良く活動した。
 ダンスの時間は子どもと一緒に元気なステップやハイタッチを交わすなど大人気だった。
 サマーショートボランティアは8月18日まで各施設で活動し、20日に事後研修を予定している。