家庭菜園で「まんまるキュウリ」

高畑さんち 須賀川市北町の高畑力久さん(60)の自宅庭の家庭菜園で珍しいまんまるいキュウリが出来た。10日ほど前に見つけ「見事に丸いので良いことがありそう」と家族で生長を温かく見守っている。
 高畑さんは3年前から家庭菜園を楽しみ、好物のトウモロコシをはじめ今年はトマトやエダマメ、パプリカなど8種類の野菜を育てている。
 昨年の収穫が今一つだったので、「今年は土づくりからがんばりました」と高畑さん。キュウリは初めて挑戦し、今月から収穫しているがまんまるのキュウリは1つだけで、ほかは普通の長細い実ができたとのこと。
 大きさは手のひらにすっぽりと収まる小さなトマトぐらいで、見た目は青いトマトやカボチャにも似ている。
 高畑さんが郡山市の県農業総合センターに問い合わせると、丈夫な苗が育つようカボチャにキュウリを接ぐそうで、その影響で「丸い実ができたのではないか。とても珍しい」と返答があった。
 「珍しいのでしばらくは生らせたまま。まんまるの実を楽しみたいですね」と高畑さんは笑顔を見せた。