91ブースに人だかり

Rojima

多くの家族連れらでにぎわうRojima会場

 すかがわの路地deマーケット「第21回Rojima」は11日、手作り小物や飲食店など91ブースが出店して実施した。今回は芭蕉まつりなどと同時に通常より1時間長い開催となり、各ブースは多くの買い物客で終日にぎわった。
 まちを新たなチャレンジの場へ、そして新しい何かに出会える場所へをコンセプトに、市内若者有志が企画・運営して毎月第2日曜日に実施している。
 馬町・本町の空き店舗や空きスペースを活用したブースには多彩な商品が並び、かわいらしい小物に目を輝かせる女の子、地元特産のキュウリを活かしたオリジナルカクテルに目を細める青年など多くの市民から好評を集めた。
 なお来月は昨年に引き続き「夜Rojima」となり、7月8日土曜日の午後3時から開催する。