JAあぐりスクール開校

あぐりスクール開校式

あぐりスクール開校式であいさつする池田常務理事

 JA夢みなみ・すかがわ岩瀬地区の「あぐりスクール」は28日、すかがわ岩瀬地区支援センターで開校式と第1回講座を開いた。
 小学3、4年生を対象に、年間を通じた農業体験や様々な活動を通して食と農業、地域の良さ、自然の大切さを学び、友だちの輪を広げていくスクール。
 児童19人が入校し、保護者らが参加した。開校式で池田浩春常務理事が「自然に触れ合ったり、食について学んだり、楽しく勉強しましょう」とあいさつした。
 柳沼修あぐりスクール校長や職員の紹介、クラス担当の紹介、児童の自己紹介などが行われた。
 「みんなの畑」に移動して、サツマイモ、ミニトマト、スイカ、ナスなど10種類の野菜を定植した。
 また午後からはバケツ苗の体験、リードシステム健康推進事業部の井上真由美管理栄養士の「健康未来の食育講座」と題した講話を聴いた。