JCのスマイルキッズに3600人

スマイルキッズ

アルパカにエサを与える子どもたち

 須賀川青年会議所(相楽祐也理事長)の「スマイルキッズinムシテックワールド」は28日、約3600人の家族連れが参加して多彩なイベントを催し、会場は元気いっぱいの笑顔で包まれた。
 大人気のアルパカやヤギなどの動物が集う移動動物園やパトカーや消防車、クレーン車が並ぶ展示コーナーをはじめ、カブトムシ幼虫つかみ取りやANAコンテナトロッコなどが用意された。
 子どもたちは大はしゃぎでアルパカやカブトムシに夢中になり、保護者らも子どもたちを白バイやはしご車に乗せて記念撮影する姿も多く見られた。
 会場にはマスコットキャラクターの須賀川市はボータンとゆーりん、鏡石町の牧場のあーさー♪、天栄村のふたまたぎつねが駆け付け、子どもたちと抱き合うなどふれあっていた。
 日本けん玉協会の小学生けん玉ショーやけん玉認定も行われ、子どもたちは2000種類以上あると言われる技の中から、基本的な大皿や小皿に玉を乗せる技、空中にけん玉を投げてキャッチするまでに手拍子をする技などにチャレンジしていた。