子ども会活動に支援金交付

子ども育成

新年度事業計画などを協議する総会

 須賀川市子ども会育成連絡協議会(大内康広会長)の総会は28日、加盟64育成会のうち57会から約100人が出席して市役所で開かれた。今年度は震災助成金を活用した各育成会の親子活動に対して支援金交付を決め、活用方法や申請手順などを説明した。
 28年度各種報告、29年度事業計画など協議し、今年度は7月29、30日に第64回夏季少年健全育成球技大会、9月16、17日に子ども会リーダー研修会森の冒険隊、来年1月20、21日に新春書道展を実施する。
 夏季少年健全育成球技大会は小学生のミニバスケットボール、ソフトボール、中学生のバレーボール、野球を行い、申し込みは7月10日から18日まで市生涯学習スポーツ課で受け付け、抽選会は同22日午後6時から市役所で行う。
 森の冒険隊は市民の森(塩田)で実施し、小学4から6年生50人を募集、参加申し込みは8月14日から22日まで市生涯学習スポーツ課で受け付ける。
 新春書道展は1次審査を11月28日に行い、席書大会は中央体育館で来年1月6日、表彰式は同19日に中央公民館で開く。
 また事務局から備品貸し出し、育成会活動支援事業などについて説明があり、備品貸し出しは子どもに対してのイベントで活用できる機材を対象にポップコーンマシーン、かき氷マシーンのほか、寝袋やクーラーボックスなど野外活動で利用できる備品8種類をそろえている。
 活動支援事業は育成会連絡協議会加入育成会を対象に、全国子ども会安全共済会事業計画に基づいて行われる親子事業を補助する。県内は5000円、県外1万円を上限とし、申込書に必要事項を記入して活動の10日前までに事務局に申し込む。事業実施後の報告書提供を確認後に補助金を交付する。
 備品貸し出し、支援事業に関する問い合わせは市生涯学習スポーツ課内の育成会事務局(℡88―9173)まで。