市民の健康づくりを応援

 須賀川市は市民が日常生活で出来る健康づくりを応援するため、今年も6月からふくしま健民カードとタイアップした「すかがわ健康づくりポイント事業」をスタートする。15日から参加台紙を全戸配布し、市内30事業所が事業協力店になっている。
 高校生を除く18歳以上の市民を対象に、
専用の記録台紙に自分自身で毎日の健康行動や健康づくりメニューを設定する。
 達成できたら「○」を付け、3つ設定したうち2つ以上達成できた日のみ100ポイントとなる。
 健康診断やがん検診、健康に関する教室やイベント、花火大会など市内のイベントや催し参加は500ポイントが得られる。
 台紙1枚ごとにポイントを集計し、カード発行基準を達成したら、市健康づくり課に提出するとポイントに応じたふくしま県民カードと引き換えられる。
 ポイント対象の健康行動は4月1日までさかのぼって記入でき、台紙の提出期限は来年3月1日まで。
 2枚目以降の台紙は市健康づくり課で配布、専用ホームページやスマートフォンアプリではご当地キャラクターと一緒に参加できる。プレゼントキャンペーンも実施している。
 参加協力店で健民カードを提示することで、そば大盛りサービスやドリンクバー半額、各種体験トライアルなどの特典を受けられる。
 なお須賀川健康づくりポイント事業はあくまでも市民の自主的な健康づくり事業で、万が一の事故が起きた場合でも市は責任を負わない。事業参加、台紙、ポイント引き換えなどの問い合わせは、市健康づくり課(℡88―8122)まで。