釈迦堂川花火大会PRポスターを発送

花火大会

8月の花火大会に向けてPRポスターの発送

 8月26日開催の第39回須賀川市釈迦堂川花火大会に向けて、ふるさとガイドの会(酒井清美会長)の会員約20人は26日、市役所大会議室で約1600枚のポスター発送作業を行った。
 釈迦堂川花火大会は須賀川の夏を代表する一大イベントで毎年約30万人が観覧している。
今年は「笑顔と希望の未来に向かって~手と手を取り合って」をテーマに4章構成約1万発を市民スポーツ広場で打ち上げ、6月10日から有料観覧席発売をスタートする。
 今年のポスターは須賀川の夜空に色鮮やかに打ち上げられた花火の競演を表現しており、県内の観光関係団体や施設のほか、東京須賀川会、神奈川県座間市、兵庫県宝塚市など友好都市、協賛団体に26日から順次発送される。