長沼幼稚園の幼年消防クラブ入団式

入団式

消防車を見学し説明を受ける園児たち

 長沼幼稚園(鶴巻弘士園長)の幼年消防クラブ入団式は17日、同園園庭で行われ、園児44人が、火の用心・防火のハッピを着て入団した。
 鶴巻園長が「火事は恐ろしいもの。子どもの火遊びで火事を起こさないように注意しましょう。消防団員として何が大切なのか、代表のお友達の誓いの言葉をよく聞いてください」とあいさつした。
 小林利之市消防団副団長が祝辞を述べ、園児らは「ぼくたち、わたしたち幼年消防クラブ員は絶対に火遊びはしません。お父さん、お母さん、先生の教えを守ります」と元気な声で誓いの言葉を述べた。
 消防車と救急車の見学したあと、記念撮影し、防火意識を高めた。
 同クラブは火災を予防し安全な地域社会をつくるため、幼稚園やこども園、保育所を対象に結成、幼いころからの防火に対する意識を身につけさせることが目的。
 第二保育所、長沼東保育所、仁井田幼稚園、白方こども園、白江こども園、稲田幼稚園、小塩江幼稚園でも入団式を行う。