80代男性、300万円詐欺被害

 17日午後1時ごろ、須賀川市在住の80代男性が「県警のまつもと」を名乗る男からの電話を信じ、現金約300万円をだまし取られた。
 須賀川署の調べでは、男から「あなたが銀行に預けているお金が詐欺被害に遭うかもしれないので早急に下してください」と被害男性宅に電話があった。
 これを信じた80代男性は現金約300万円を引き下ろして自宅に持ち帰ったところ、さらに電話で「下した現金の中にニセ札が混じっているので預りに行く」などと言われ、自宅付近で「まつもとの部下」を名乗る男に現金を手渡した。
 心配になった男性から警察に確認して被害に遭ったことが分かった。