子どもの健やかな成長願う

 須賀川市は次世代を担う子どもたちの健やかな成長を願い、5月の児童福祉月間に合わせて今年も橋本克也市長らによる児童福祉施設訪問や一日施設長を実施する。橋本市長は25日にすぎのここども園と第一保育所を訪問する。
 全ての子どもが家庭や地域において愛情に包まれながら育っていける環境づくりを目指し、児童福祉月間にあわせて、市長や教育長の施設訪問、民生・児童委員、主任児童委員による一日施設長の行事を行い、市民の児童福祉向上についての理解と関心を深める。
 児童福祉月間行事は18日から31日の期間に市内全38施設で行い、認可保育所(園)と地域保育施設は午前9時半から午前11時半、児童クラブは午後2時半から午後5時ごろまで活動する。
 施設訪問とともに保育所(園)や児童クラブなどの園児児童全員で使える遊具や保育材料などのプレゼントを予定している。
 橋本市長らの施設訪問は25日に行い、市長は午前9時半からすぎのここども園、午前10時に第一保育所を訪問し、子どもたちと一緒に楽しく遊んだり、遊具などをプレゼントする。
 栁沼直三教育長は午前9時半から大東こども園、午前10時20分からオリーブの木を訪問する。
 水野良一教育部長は午前9時40分からくるみの木、午前10時10分からアップル第二保育所、午後3時50分からかしまの森児童クラブ、午後4時半から西袋第三児童クラブの訪問を予定している。