少年少女野球教室に約200人

少年少女野球

手取り足取りの指導を受ける子どもたち

 「100万人とキャッチボールを」を合言葉にプロ野球OB369人が協力する第23回ダイワ ハウス全国少年少女野球教室は14日、全国48会場で開かれ、須賀川会場のいわせグリーン球場に は元大洋ホエールズの遠藤一彦さん(西郷村出身)らが熱血指導した。
 全国野球振興会の主催、スポーツ庁後援、須賀川市、市教委、市体育協会の後援、あおいの協 賛、須賀川野球連盟・須賀川硬式野球連盟の協力。
 須賀川・岩瀬地方の中学校野球部をはじめ14チームから約200人が参加し、元プロ選手によ る一流の指導を受けた。
 指導したのは、元日本ハムの長谷川達栄さん(只見町)、元中日・阪神の松井達徳さん(白河 市)、元西武の石毛宏典さん(旭市)、元巨人・阪神の石井雅博さん(有田市)、元ダイエー・ 広島の松井隆昌さん(飯塚市)の6人。
 守備練習はポジションごとに分かれ、捕球から次の動作へスムーズにつなげる体の動かし方な ど、打撃練習は一人ひとりのフォームを確認しながら丁寧に指導された。
 参加選手らは元プロ選手らの一流の技術を身に付けようと、熱心に聞きながら練習に打ち込ん でいた。