13・14日に国際短編映画祭

 すかがわ国際短編映画祭は「世界一小さな映画祭」の愛称で長年親しまれ、今年度の第29回映画祭は13、14の両日、市文化センターで開かれる。チケットは市文化振興課、市内各公民館などで評発売している。
 今年は国内作品19本、国外作品12本の珠玉の短編作品を上映し、市内外から多くの映画愛好家が足を運ぶと期待される。
 ゲストトークは13日午後1時10分からを予定し、須賀川市出身で特撮の神様とも呼ばれる故円谷英二監督にスポットを当て、当時の撮影現場や自身を語る姿、怪獣からのインタビューを収録した「現代の主役 ウルトラQのおやじ」を上映し、特技監督として名高く円谷監督とも親交が深かった中野昭慶さんを迎える。
 前売りチケットは1日券600円、2日券1000円で当日券はともに200円増し。高校生以下は無料で入場・観覧できる。
 プレイガイドは市文化振興課、市文化センター、各公民館、図書館、コミュニティプラザ、JA夢みなみ、はたけんぼ。
 問い合わせは文化振興課内映画祭実行委員会事務局(℡88―9172)まで。