24日に交通安全鼓笛パレード

 須賀川市内の16小学校児童1285人が参加し、市内中心市街地に鼓笛演奏を通して交通安全を呼びかける「第46回交通安全鼓笛パレード」は、24日午後2時から松明通りをメーン会場に行う。雨天の場合は25日に順延、当日は午後3時半まで北町から大町エリアで通行止めなど交通規制が行われるため協力を求めている。
 市民に交通安全を呼びかけ、交通事故の絶無に寄与するとともに、参加児童の交通安全意識を高めるなどを目的に実施しており、子どもたちがパレードする姿は保護者だけでなく多くの市民から親しまれている。
 開会式は午後2時から須賀川二小校庭で行い、誓いの言葉を児童代表の佐藤冴さん(西袋二小6年)が務める。上北町集会所でのテープカットは関係者のほか石井陽大君(柏城小6年)と小池理子さん(白江小6年)も加わり、花火を合図に鼓笛パレード標識、交通関係団体、県警音楽隊、小学校の順番で大町交差点まで約1・2㌔をパレードする。
 行進中の須賀川市旗は北村橙椰君(須賀川二小6年)堀井麻稀さん(西袋一小6年)渡邉寧音君(仁井田小6年)内山真那さん(長沼小5年)、パレード標識は小林奏斗君(須賀川三小6年)と矢部呼春君(白方小5年)、標語プラカードは石田強君(須賀川一小6年)水野夏季さん(稲田小5年)佐久間梨幸さん(小塩江小5年)新田大都君(阿武隈小6年)日野瑛仁君(大東小6年)関根寿明君(大森小6年)大河原啓吾君(長沼東小6年)が掲げる。