おおひがしハナモモ観桃会

大東ハナモモ

ハナモモを観賞しながら散策する参加者たち

 大東商工会(佐藤成行会長)大東花桃の里づくり実行委員会「おおひがしハナモモ観桃会」は23日、福島空港公園緑のスポーツエリア21世紀建設館などで開かれ、約100人が参加した。
 平成25年にみんなでつくろう「小さな森」タイアップ事業として、「ハナモモ植樹祭」から4回目の春。ハナモモの開花に合わせた観桃会が開かれた。
 佐藤会長が「平成25年に市内外より参加していただき、約2㌔にハナモモ200本を植樹しました。色とりどりの花を咲かせ、ハナモモロードとして今後も観桃会を開いていきたいと思います」とあいさつした。
 橋本克也市長、溝井光夫市議らが祝辞を述べた。
 大東地区に伝わる昔話の「託善和尚」のDVDを観賞したあと、大東の特産品「大輝地米」1㌔が15人に当たる抽選会が行われた。
 その後、ハナモモの追肥・お花見など行われ、家族ぐるみで自分のネームプレートを探し、ゆっくりハナモモを観賞しながら、自分の木に追肥や草むしりをした。