天栄村と神田産業が物資供給協定

天栄神田

協定を締結した添田村長と神田社長

 天栄村と須賀川市館取町の神田産業(神田雅彦社長)は11日、「災害時における物資の供給協力に関する協定」を村役場で締結した。
 締結式は添田勝幸村長と森茂副村長、神田社長、関根好行常務取締役、石澤秀忠ハニリアル事業部営業技術部長が出席した。
 協定は村内に大規模災害が発生した場合や発生する恐れがある場合に、天栄村と神田産業が協力し、避難所の環境整備に努めることが狙い。
 具体的には災害時の応急救援活動のため、緊急に物資が必要となった場合、神田産業のパネル組み立て型治療室やロッカーユニット、パネル、簡易ベッド・トイレ、間仕切り、床(ダンボール畳)などを優先的に供給を受け、プライバシーや衛生などを保つ避難所確保等に役立てる。
 神田産業と行政との災害時における同様の協定は須賀川市、郡山市、福島県に続き天栄村で4番目となる。