第三西袋児童クラブ館完成

第三西袋児童

開館を祝い橋本市長や児童らがテープカット

 須賀川市の第三西袋児童クラブ館開館式は6日、日向町95の同クラブ館遊戯室で行われ、児童、来賓、関係者、保護者ら約120人が出席した。
 橋本克也市長、佐藤栄久男市議、星田弘美西袋一小校長、熊田佳彦熊田学園理事長、児童代表の海老原和奏さん(6年)、市川倖大君の7人によるテープカットが行われた。
 橋本市長は「西袋一小において3つ目のクラブ館です。安全・安心に過ごせるクラブ館で、学習室2つ、のびのびと遊べる庭、皆さん仲良く先生との約束を守って過ごしてください。保護者の皆さん、放課後のより良い生活の環境に、受け入れできるようになりました」とあいさつした。
 来賓の佐藤市議がお祝いの言葉を述べ、来賓が紹介された。
 定員90人(4月1日現在利用児童87人)、運営は指定管理者の学校法人熊田学園で、館長は羽生章さんが務める。