春の全国交通安全運動キャンペーン

春の全国交通

買い物客らに交通安全の呼びかけ

 春の全国交通安全運動スタートに合わせて、須賀川交通対策協議会と須賀川署、交通安全3団体らによる街頭啓発キャンペーン開会式は5日、関係者ら約150人が参加してイオンタウン須賀川で行われ、買い物客らに交通安全を呼びかけた。
 交通対策協議会長の橋本克也市長、渡邉素須賀川署長、草野美昭交通安全協会長があいさつし、「交通安全はもとより事故撲滅にさらに力を入れ、運動を通して市民や多くの子どもたちの交通安全意識向上につなげてまいりたい。安全・安心の須賀川市を目指し、原点回帰スローガン『須賀川岩瀬からはじめよう交通安全』のもと、これからもご協力をお願いします」と呼びかけた。
 パンフレットや反射材などを買い物客に配布する啓発活動はイオンタウン須賀川とリオン・ドール須賀川東店で行われ、関係者のほか前年度牡丹キャンペーンクルーの菊地優花さんも加わり、笑顔で交通安全を呼びかけた。
 キャンペーン会場にはパトカーや白バイも並び、来場した子どもたちが大喜びでハンドルを握る姿も見られた。
 春の全国交通安全運動は「おともだち むこうにいても みぎひだり」をスローガンに6日から15日まで各種運動を実施する。運動の基本に「子どもと高齢者の交通事故防止~事故にあわない おこさない」とし、交通ルールの遵守とマナーの実践を呼びかける。