金徳寺のサクラが開花

金徳寺

春の陽気のなか開花した金徳寺のサクラ

 須賀川市池上町、金徳寺のサクラが4日開花し、ひと足早い春の便りを届けている。阿武隈時報社の調べでは昨年に比べて1週間程度遅く、天候次第だが今週末に見ごろを迎えそうである。
 須賀川・岩瀬地方のサクラの中でも早咲きの一つとして知られており、近隣住民からは春の到来を告げる花として親しまれる。
 今春は季節外れの寒気到来などで開花が遅れていたが、4月に入って春の陽気に誘われたか、濃いピンク色の花が開き始めた。早咲きのため「河津桜」ではないかとの声もある。
 金徳寺のサクラが見ごろを迎えると、毎年下の川や釈迦堂川河川敷のサクラ並木も開花しており、市内のソメイヨシノの開花は今週末ではとの見方も。
 のんびりと散歩を楽しむ近隣住民からも「春が来ましたね」と喜びの声が聞かれた。
 ほかにも長沼地域のサクラ名所、横田陣屋御殿桜(シダレザクラ)も4日開花が確認された。