「先生ありがとう!」教職員離任式

須一小離任式

児童に囲まれながら別れのあいさつをする渡辺校長

 4月1日付の教職員人事異動に伴う須賀川一小(渡辺真二校長)の離任式は28日、同校体育館などで行われた。
 退職・転出教職員12人が紹介されたあと、花束を贈り、卒業生を含む499人が別れを惜しんだ。
 児童代表の成瀬陽菜さん(5年)が「先生たちのおかげで楽しい学校生活を過ごせました。先生たちとの思い出を忘れず、出会いを大切にしていきたいと思います」とお別れの言葉を述べた。
 退職の渡辺校長は「4年間、皆さんと楽しい思い出ができました。病気やケガをせず、これからの学校生活を送ってください。皆さんが大きな姿になることを期待しています」とあいさつをした。ほかの教諭らも児童らにお別れの言葉やエールを送った。
 全員が昇降口から駐車場まで並び別れを惜しみ、保護者らも駆け付けてあいさつを交わしていた。
 児童らは「先生ありがとう」と手紙や花束を送り、教諭らは一人ひとりに握手をし、別れのあいさつを交わしながらも涙ぐむ児童の姿もみられた。