12年目のランドセル募金

大森小ランドセル

思い出のランドセルを贈る卒業生たち

 大森小(岡崎秀明校長)の卒業生11人は27日、ジョイセフの「思い出のランドセル募金」を行った。
 児童らはジョイセフを通して毎年、アフガニスタンにランドセルを贈り、今年で12年目を迎えた。
 児童らは6年間大事に使ったランドセルのほか、未使用のノートや鉛筆を一緒にランドセルに入れた。
 担任の佐藤典子教諭らと一緒に、ダンボール箱に1個1個丁寧に詰め込んだ。
 児童らは6年間使った思い出のランドセルに「6年間使ったランドセルだけど、出来るだけ使ってほしいと思います」と別れを告げていた。