「さくら花さんぽ」パンフ完成

須賀川さくら

サクラ名所を紹介するパンフレット完成

 まもなく須賀川市にもサクラ満開の季節がやってくる。須賀川観光協会(会長・渡辺達雄商工会議所会頭)は、市内のサクラ名所やおいしいお店を紹介するパンフレット「須賀川さくら花さんぽ」をリニューアルし、魅力発信に努めている。
 サクラのシーズンに向けて中心部を中心に、市内を「釈迦堂川」、「まちなか」、「翠ケ丘公園」の3エリアに分けて、サクラスポットと飲食店を掲載した。
 エリアごとにサクラの魅力満載で隠れスポットも紹介し、初めての来訪者でも気軽に市内を散策しやすい地図付きとなっている。
 従来のパンフレットと比べて「まちなか」エリアの新店を充実させ、新たなまちなかイベントとして毎回多くの若者でにぎわう「Rojima」、県中エリア15市町村の観光スポットを外国語で紹介するサイト「FUKUNAKA15」などを掲載した。
 また須賀川牡丹園、大桑原つつじ園、日本しゃくなげつつじ苑、吉美根ふじ園についても紹介している。
 サクラの季節に合わせて6000部を印刷し、紹介店舗のほか観光協会事務局、須賀川アリーナ、市文化センター、コミュニティプラザ、県内観光案内所などで配布しており、「パンフレットを手に須賀川の魅力をぜひ楽しんでください」と呼びかけている。