天栄振興公社が株式会社に

 天栄振興公社は4月から法人区分を株式会社とするため、役員候補者の選考や代表取締役の決定など準備を進めている。
 代表取締役はレジーナの森代表などを務めた経験を持つ田代嘉宏氏が就任する。株主は天栄村、JA夢みなみ、天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会となる。
 振興公社は道の駅季の里天栄、羽鳥湖畔オートキャンプ場、スキーリゾート天栄の管理運営など行い、地域のの特色を活かした地域振興を図り、イベントによる都市との交流、特産品づくりによる地場産業振興、地域のPR、地域資源の発見・普及などで地域の活性化と村民生活の向上に取り組んできた。
 ベースとなる活動は維持していくが、株式会社化により収益の向上なども目指していく。