今もかがやき

No.15

たむら つるこ田村 ツル子さん(80)

天栄村大里


できることを楽しみながら

民舞で東北大会出場

 若いころ、 知人の結婚式で歌を歌わなければならず、 それがとても恥ずかしかった。 克服のために習い始めた民謡だったが現在は小湊民謡会の名取で、 師範免許を持つほどの実力。 「吾野機織り唄」 「もみすり唄」 「会津土搗唄」 の3曲を持ち唄に、 各地区の公民館などで歌声を披露している。
 20歳の時、 白河市 (旧大信村) から嫁いできた。 以来、 子育てをしながら、 村内の小中学校で給食の調理職員や用務員として長年務めた。
 子どもたちの笑顔を見るのが好きで、 定年後も放課後子ども教室に協力するなど地域の教育・子育てに貢献してきた。
 現在は月3回、 須賀川市内で民謡を練習し、 矢吹町の花柳流寿々蘭会で日本舞踊も楽しんでいる。 民舞では5月に山形で行われる東北大会にも出場予定。 また編み物や庭先の畑仕事など幅広い趣味を満喫している。
  「なんでも食べて、 自分のできる範囲で楽しみながら活動するのが健康の秘訣です」 と控えめながら素敵な笑顔をみせてくれた。