全国小学生陸上大会地区予選会を再編

 県陸上競技協会は全国小学生陸上競技交流大会県選考会の県南地区予選会の再編とそれに伴う県大会出場枠の方向性を示した。
 平成29年度以降の地区編成は岩瀬地区が県中地区として開成山陸上競技場に、石川地区は県南地区として白河市陸上競技場に再編となる。
 17年から県南地区予選会は鏡石町鳥見山陸上競技場を会場としていたが、トラックの老朽化に伴う安全面と電気計時の導入が見込めないため交流大会の開催が困難と判断した。
 また開催地区・支部により予選会の参加人数に格差があり、県大会出場数に反映されていないなど、県全体を見通した出場枠に関する課題解消のため、4月16日開催予定の県陸上競技協会理事会で県大会出場枠について協議し決定する。 
 問い合わせは岩瀬・石川地区予選会事務局の中村清文さん(℡080ー1828ー6691)まで。