円谷英二監督の魅力再発信

須賀川知る古

円谷監督について講演する鈴木社長

 須賀川知る古会(影山章子会長)の第4回街かど発表会は5日、若者から高齢者まで幅広い年代の市民ら約50人が参加して地域交流館ボタンで開かれた。
 須賀川出身で特撮の神様とも呼ばれる故円谷英二監督について長年研究を重ねている鈴木和幸さん(セルクル代表取締役)が「円谷英二と故郷 須賀川」について講演した。
 円谷監督が活躍した時代背景、特撮を志したきっかけ、円谷プロダクション運営など紹介し、鈴木さんが選ぶ円谷映画傑作10選も名場面を上映しながら講演した。
 鈴木さんは円谷監督の映像功績は「日本映画の技術向上に大きく貢献した」と話し、アメリカの特撮映画「キング・コング」に大きな影響を受け、「ゴジラ」をはじめとした特撮映画作りにつながっているなどの持論を展開した。
 講演に合わせて須賀川青年会議所が1998年制作の映像「大空への夢 円谷英二」も特別上映された。
 毎回好評の知る子会手作りの「牡丹しるこ」サービスもあり、来場者も振る舞われた甘いお汁粉に大喜びだった。
 なお須賀川知る古会の2016年活動成果を展示する街かど発表会は同会場で11日まで開かれている。