福島ホープスが合同練習

ホープス

合同練習で強化トレーニングに汗を流す選手たち

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグで活躍する県民球団「福島ホープス」の合同練習が13日まで、須賀川市のいわせグリーン球場で行われている。
 昨年度リーグ前期・後期ともに2位の成績で、地区チャンピオンシップでは群馬ダイヤモンドペガサスに敗れたが、合同練習などのチーム強化により、リーグ制覇を目指す。
 今年は走ることを一つのテーマに、ランニングメニューを増やしているほか、キャッチボールやノック、バッティング練習と、各選手が自分で考えた強化トレーニングに汗を流す。
 4日、10日、12日のオフ日を除き、午前9時から午後4時まで球場で練習を重ね、14日午前9時から開成山大神宮で必勝祈願を行う。
 開幕戦は4月8日、富山県高岡市の球場で富岡GRNサンダーバーズと対戦する。