4月7日からさくら紀行スタンプラリー

ながぬまさくら

昨年も見事な花を咲かせた永泉寺のシダレザクラ

 長沼地域のサクラ名所を巡り春を存分に満喫する「2017ながぬまさくら紀行スタンプラリー」は4月7日から16日まで開催する。期間中に5カ所のスタンプを集めた先着1000人に藤沼温泉「やまゆり荘」無料入浴券をプレゼントする。
 須賀川の奥座敷として毎年、市内外から多くの観光客が足を運び、各所の見事なサクラを楽しむイベント。
 スタンプラリーの対象となる名所は今年も、横田陣屋御殿桜、護真寺のシダレザクラ、古舘のサクラ、長楽寺のサクラ、岩崎山史跡公園のサクラ、兎内のサクラ、長沼城址のサクラ、永泉寺のシダレザクラ、藤沼湖のサクラの9カ所。
 どのサクラもそれぞれ魅力あふれる花を咲かせており、寺院やため池などの組み合わせが写真愛好家からの人気も集めている。
 イベント期間中はスタンプラリーのほか、商工会青年部による城山夜桜ちょうちんライトアップ、歴史民俗資料館の土曜・日曜特別開館なども予定する。
 今年1月から湛水試験を開始した藤沼ダムはこれまで順調に貯水を続けており、2月24日現在で湖底がほぼ没するほどの水が貯まっており、震災から6年ぶりに水を蓄えたダムとヤマザクラとの共演を今から待ち望む声が聞かれる。
 今年のサクラの開花は平年並みとの予報があり、例年早咲きでしられる横田陣屋御殿桜と護真寺のシダレザクラはスタンプラリー初日前に開花しているのではと期待される。藤沼ダムは4月中旬ごろの開花が見込まれる。
 「ながぬまさくらフォトコンテスト」は4月7日から5月2日まで、スタンプラリー対象の名所で撮影したサクラの写真を募集する。
 問い合わせは長沼市民サービスセンター内の長沼観光物産振興協会事務局(℡67―2111)まで。