「雛の笑顔に会えるまち」審査結果

雛の笑顔(西川)

優秀賞を受賞したおおみや西川店

 須賀川市中心市街地を中心に市内65商店がひな飾りを展示している、「第13回すかがわ商店街 雛(ひいな)の笑顔に会えるまち」審査結果が23日に発表された。優秀賞におおみや西川店(影沼町)など3店、特別賞に割烹万松(宮先町)など2店が選ばれた。
 審査員は市川一秋博物館学芸員を委員長に迎え、矢内洋子須賀川法人会女性部会長、小松田建一商工会議所青年部会長、市岡綾子日大工学部建築学科選任講師が務め、観覧推奨店3店をはじめ65店を巡った(一部既報)。

雛の笑顔(久保木畳)

優秀賞を受賞した久保木畳店


 審査の結果、優秀賞にはおおみや西川店(影沼町)、久保木畳店(東町)、小野塚商店(南町)、特別賞は割烹万松(宮先町)とレイマ美容室(八幡町)が選ばれた。表彰式は24日午後1時半から商工会館で開かれる。

 「雛の笑顔に会えるまち」は、ひな人形を飾る古来の伝統行事や風習を地域再生のカギとしながら、集客力を高めるためにまちなかの魅力発信に努めており、チラシを手に市内外から多くの観覧者が足を運んでいる。

小野塚商店

優秀賞を受賞した小野塚商店


 各店では家族ゆかりのひな飾り、かわいらしい木目込みひな、須賀川ゆかりの画家渡辺光徳のひな掛け軸、明治から昭和にかけての長女三代ひななど工夫を凝らした飾り付けが好評を集めている。
 展示5店を巡るスタンプラリーやひなまつりなどを詠んだ俳句作品募集、商工会議所女性会メンバーによるつるし飾り巡り、8店舗のひなランチ・カフェ提供など多彩な催しで来場を呼びかけている。