純米酒使用のケーキが完成

天栄ケーキ

開発された日本酒を使ったケーキ

 天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会は、村内酒造店の特別純米酒を使用した「酒ケーキ」を開発し、4月中旬ごろの販売開始を目指している。
 県の定住・二地域居住推進モデル事業の一環として、松崎酒造店、寿々乃井酒造店の協力、菓子店「日の出屋」の製造で昨年9月ごろから開発に取り組んできた。
 両酒蔵の豊富なラインナップの中からケーキに最適な特別純米酒を選定し、松崎酒造店からは協議会が企画して製造中の「天夢」を、寿々乃井酒造店からは若い世代にも人気の「寿月」を使用した2種類のケーキが完成した。それぞれの風味を活かした味わいで、「このケーキをきっかけに、日本酒にも興味を持ってもらえれば」と期待を寄せる。
 販売は4月以降、村内の道の駅「季の里天栄」や「羽鳥湖高原」、JR郡山駅、福島駅などを予定しており、お土産として気軽に選ばれやすい手のひらサイズを250円(税込み)で提供する。
 問い合わせは同協議会(℡94ー2232)まで。