市立博物館「おひなさまをつくろう」

博物ひなつく

創作びなを手作りする参加者たち

 須賀川市立博物館企画展「雛人形展」の関連イベント「おひなさまをつくろう」は18日、同館で開かれ、11人が折り紙で御所びなと創作びなを手作りした。
 おひな様を自分の手で作ることで、日本の伝統文化に親しむきっかけとなるよう、毎年企画展に合わせて開かれている。
 学芸員から折り方を教わり、練習用の折り紙で試したのち、色鮮やかなちりめん紙でひなを仕上げた。完成した手のひらサイズのひな人形に参加者らは大満足の様子だった。
 なお企画展「雛人形展」は3月12日まで開催している。徳川財団の毛植の虎や同館所蔵品など約300点がずらりと並ぶ。25日午前11時には同館学芸員によるギャラリートーク「おひなさまのおはなし」を開く。問い合わせは同館(℡℡75ー3239)まで。