郵便局と災害対応などを協定

協定締結

協定締結した (左から) 有馬局長、森局長、 添田村長、谷村局長、保志局長

 天栄村と村内の3郵便局、須賀川郵便局は15日、「災害発生時の対応と平常時における地域見守り活動に関する協定」を村役場で締結した。
 締結式は添田勝幸村長、森慎一天栄郵便局長、有馬直紀広戸郵便局長、星健治岩瀬湯本郵便局長、谷村仁須賀川郵便局長が出席した。
 協定により村内に発生した地震やその他の災害発生時に村または郵便局が収集した情報や情報の相互共有、郵便局ネットワークを活用した広報活動などで円滑な対応の遂行が可能となる。
 添田勝幸村長は「これまでも配達業務などにおいて村内をくまなく見守り活動や局内での振り込め詐欺防止活動などしていただいており助かっています。今回災害時の協力を盛り込んだ協定を結び、さらなる連携を深め安心安全の地域づくりを進めてまいります」とあいさつした。
 森局長は「郵便局ではお客さまが安心・安全で、快適・豊かな生活・人生を実現することをサポートする「トータル生活サポート企業」を目指しており、その中で地方自治体と協力していくため、10数年前に締結した内容を整理し再度締結することになりました」と協定の経緯などを説明した。