次年度クルー赤司さん、関根さん、南條さん

牡丹キャンぺーン

新クルーに選ばれた赤司さん、 関根さん、 南條さん (左から)

 須賀川の観光や文化、物産などの魅力を笑顔と共に全国発信する「牡丹キャンペーンクルー」選考会は12日、ホテル虎屋で開かれた。29年度次期クルーは赤司梨乃さん(18)=朝日田、学生=、関根桃佳さん(19)=桜岡、学生=、南條夕芽さん(20)=西川、学生=が選ばれた。(3面にクルーの横顔)
 牡丹キャンペーンクルーは須賀川の魅力を紹介し、須賀川牡丹園や松明あかしなどのイベント観光客を笑顔でお出迎えする須賀川観光の花。かつてのミス牡丹から名称を変更したもので、牡丹色の衣装と帽子に身を包んだ魅力的なクルーが市内外から話題と人気を集めている。
 選考会は須賀川観光協会(会長・渡辺達雄商工会議所会頭)主催、須賀川市、須賀川牡丹園保勝会、須賀川商工会議所、阿武隈時報社などの後援。
 選考会には18歳から20歳の学生と社会人ら7人がエントリーし、審査委員は渡辺会長、橋本克也市長をはじめ地元関係団体や報道機関、今年度クルーの菊地優花さん、鈴木里奈さん、関根環さんの19人が務めた。
 審査基準は「明るく、清潔感があり、好感がもてる」、「教養が備わっている」、「性格が素直である」、「質疑応答の態度がよい」の審査基準でクルーを選び、出場者らもやや緊張気味の表情ではあったが、笑顔で須賀川の好きな所や趣味、特技、自身の長所、震災から学んだことなどをアピールした。
 会場には出場者の家族も応援に駆け付け、出場者に笑顔でエールを送っていた。
 赤司さんら次期クルーの研修は3月からスタートし、牡丹園有料開園イベントや各種観光PR活動など4月1日から来年3月31日までの任期で務める。