団を超えビーバースカウトが交流

ボーイスカウトつどい

ゲームなどで交流を図るビーバースカウトのつどい

 ボーイスカウト須賀川第1団(安藤俊典団委員長)の「県南地区ビーバースカウト(小1・2年生)のつどい」は5日、大東公民館講堂で開かれ、組別対抗ゲームなどで交流を深めた。
 県南地区の団員が一堂に会し共通のプログラムを行うことで、団を超えて、友情を深めるともに、保護者同士の情報交換する場とすることが目的。
 郡山1、2、3団、矢吹1団、白河1団、須賀川1団のビーバースカウト、保護者、指導者約70人が参加した。
 開会のあと、「ビーバーコール」を歌ったあと、大きな輪を作って全員であいさつした。 
 アイスブレイクゲームを楽しんだあと、組別対抗ゲームの「関所やぶり」「島渡りリレー」「心を一つに」「ボール送りリレー」などを繰り広げた。
 最後に一つの円になり「TIRO」「シャローム」を全員で歌い、交流を図り楽しい時間を過ごした。