4日に史談会の文化講座

 須賀川史談会(横山大哲会長)の第3回文化講座は4日午後1時半から中央公民館で開く。
 渡辺富幸副会長が銅版画家亜欧堂田善の傑作「新訂万国全図」の製作に係る新事実の研究発表を行う。「新訂万国全図」は市有形文化財に指定され、市立博物館が所蔵している。
 また3月14、15の両日に行う「史跡・名勝・文化財めぐり」研修の旅の申し込みも受け付ける。14日に国立歴史博物館、犬吠崎、九十九里ビーチラインを巡り、15日は小江戸・佐原にある伊能忠敬記念館など史跡・名勝を訪ね、成田山新勝寺を参拝する。参加費は3万円。定員23人。
 問い合わせは横山会長(℡65ー2341)、宗像正夫会計(℡73ー3597)まで。