17日スタート「雛の笑顔に会えるまち」

 今年は中心市街地の65商店が参加する第13回すかがわ商店街「雛(ひいな)の笑顔に会えるまち」は17日から3月5日まで開催し、スタンプラリーやつるし飾りめぐりなどのイベントを用意して来場を呼びかけている。
 ひいなの笑顔に会えるまち事業は、雛人形を飾る古来の伝統行事や風習を地域再生のカギとしながら、まちとしての集客力を高める目的で行い、毎年多くの観覧者が市・県内外から足を運んできた。
 今年は65商店が雛飾りを展示し、東公民館、地域交流館ボタン、芭蕉記念館の3施設も参加する。
 新規参加として日用商会、かめまん、須賀川電気販売、Cafeとまり木、和可松が今年から雛飾りを展示する。イベントに合わせての雛メニューはホテル虎屋、大束屋珈琲店、レストラン&パーラー和蘭丹、千成菓子店、水彩カフェ、自家焙煎ブリュッケ、はまだや、Cafeとまり木で提供する。
 スタンプラリーは各店の応募券つきチラシに5店のハンコを集めて、応募すると抽選で1等1万円(3件)の商品券などがあたる。抽選は3月15日に商工会館で行う。
 前回も好評を得た雛まつりにちなんだ俳句作品も募集。商工会議所女性会による「つるし飾りめぐり」も同時開催する。
 展示店の中から特に優れた3店を選ぶ審査会は22日に博物館学芸員や美術関係者らが参加店を巡り、24日に表彰式を開く。