フロンティア

No.15

ありが しげお有我茂男さん(64)

スイートファームありが 須賀川市浜尾字猫沼53-1


高齢者も食べやすい焼き芋

60代から夫婦で挑戦

 一昨年に茨城県の友人からもらって食べたサツマイモ 「紅はるか」 の干しイモが高齢者にも好まれるもっちりした食感だった。 友人から土壌や気候も適していると太鼓判を押され、 同年に 「紅はるか」 の試験的な栽培を始めた。
 2カ月以上寝かせたイモは深い甘みを生み出す。 それを焼きイモにして自宅に構えた店頭で販売したところ、 大好評を得た。
 現在は30㌃7500本を栽培し、 焼きイモと干しイモを作っている。
 公子夫人 (65) と夫婦二人三脚で栽培から販売まで行う。 口コミで評判が広まり70歳前後のリピーターも多いという。
  「仕事はやっぱり面白くなくちゃ」 と語り、 「一番うれしいのはお客さんが美味しいと言ってくれるとき」 と笑顔を見せる。
 焼きイモの店頭販売は4月上旬ころまでを予定しているが、 今年から通年で美味しく食べられる冷凍の焼きイモをインターネットで販売したいという。 60代から夫婦で始めた 「紅はるか」 を使った挑戦は続く。