市老人クラブ連合会の新年会

須市老ク連

金子会長から会員増強クラブを表彰

 須賀川市老人クラブ連合会(金子定雄会長)の新年会は20日、会員ら約210人が出席して市民温泉で開き、和やかに新たな年の到来を祝い合った。
 君が代と須賀川市歌斉唱に続いて金子会長が「今年も健康ですばらしい1年になりますよう、健康・友愛・奉仕のスローガンを元に、明るく活力ある活動にしていきましょう」とあいさつし、昨年発足した新クラブ「仁井田ひふみ会」(小橋克己会長)を紹介しながら「会員800人を目標に新メンバー加入促進に努めましょう」と呼びかけた。
 昨年の会員増強クラブに感謝状を贈り、来賓の橋本克也市長、広瀬吉彦市議会議長、宗方保県議、川田昌成県議、小林清三市社会福祉協議会長が祝辞を述べた。
 福島覚市老ク連副会長の乾杯で祝宴に移り、アトラクションとして正派若柳流須賀川たちばな日舞会の久保悦子さん、鈴木サヨ子さん、鈴木初子さん、川崎キイ子さん、根本勝子さんが「須賀川小唄」と「関東一本〆め」の祝舞を披露した。
 特別講演として波田野浩典須賀川署生活安全課係長が「金融サギの防止」をテーマに語り、なりすまし詐欺など被害に遭わないよう呼びかけた。
 相楽嘉数市老ク連副会長が各クラブのさらなる隆盛などを願い、出席者一同で万歳三唱して閉会した。