週末にかけ大雪予想

 強い冬型の気圧配置の影響で、須賀川・岩瀬地方は12日夜から雪が降り始め、13日朝は須賀川市中心市街地では多い所で10㌢を超える積雪となった。気象庁は今週末の14日から15日にかけて寒気が一層強まると注意を呼びかけており、早めの対策を求めている。
 北日本上空に強い寒気が流れ込み本格的な積雪となったが、気象庁の発表によると今週末は東日本と西日本上空にも寒気が流れ込み冬型の気圧配置がさらに強まる見込みで、太平洋側の平地でも局地的に大雪となる恐れも懸念される。
 東北の日本海側では14日午後から16日にかけて雪が強まると予報され、当地方でも大雪だけでなく猛吹雪に警戒が必要となる。
 今週末は大学入試センター試験が行われるなど、大雪や路面凍結による交通への影響に警戒し、最新の気象情報を確認するなど早めの対策を呼びかけている。