笑顔でだんごさし

 なのはなこども園(熊田敏子園長)の「だんごさし」は11日、同園で行われ、3・4・5歳児約70人が小正月行事を楽しんだ。なのはなこども園
 だんごさしの由来や行事に関心を持ち、体験する目的。
 園児たちは米粉を使ってだんごを丸める作業を行い、茹で上げてから、1個1個丁寧に3本のミズキの木に差し込んだ。
 また、舟菓子の赤、黄、緑色の団子の形や縁起物のタイ、小判なども飾り付け、玄関やフロアなどに取り付けた。