30日から年末年始特別警戒

 須賀川市消防団(宗形利夫団長)は年末年始特別警戒を30日から来年1月2日まで実施する。出発式は30日午後3時から須賀川消防署駐車場で開かれる。
 年末年始は火災や事故が多発する時期にあたることから、第1から第13分団まで全4班に分かれ、特別警戒を行う。市内中心部の巡回終了後は、各分団管轄地域に分かれて、引き続き警戒活動にあたる。
 1班は第1、第3、第8、第9分団が消防署を出発し、弘法坦、土木事務所前、メガステージ須賀川、浜和神社、東作、南東北春日リハビリテーション病院、浜尾など巡回する。
 2班は第2、第4、第6分団が須賀川駅、米山寺公園、西川町、市役所仮設庁舎周辺、丸田町、東町、翠ケ丘公園、イオンタウン須賀川、古峯神社などを広報する。
 3班は第5、第10、第11分団が弘法坦を経由し、南町、並木町、一里坦、五月雨、影沼公園、影沼町、須賀川プレシジョン周辺、正八幡宮などを巡回する。
 4班は第7、第12、第13分団が丸田町、市役所卸町仮庁舎、西川中央公園、池下、なのはな保育園、池田記念病院などをパトロール広報する。