なりすまし予兆電話133件

 須賀川署は11月30日現在の管内「なりすまし詐欺」被害状況をまとめた。8月に架空請求詐欺で1900万円の被害が出た以降、管内における実害は出ていない。
 1月から11月末までのなりすまし詐欺被害は9件4866万円(前年同期比5件減、557万円増)。全て振り込め詐欺で、オレオレ詐欺2件1000万円、架空請求詐欺4件3709万円、還付金等詐欺3件157万円。
 実害はないものの詐欺とみられる予兆電話は133件報告されており、市役所職員などを名乗る通報が多く、年末年始にかけてさらなる注意喚起を呼びかけている。