算数・数学ジュニアオリンピック

小野君銀賞

銀賞を受賞した小野君

 県教委主催の算数・数学ジュニアオリンピックで銀賞を受賞した須賀川二小5年の小野健太郎君(10)は29日、阿武隈時報社の取材に対し、「来年は金賞を狙って参加したい」と抱負を述べた。
 小学5、6年生、中学生を対象にした県算数・数学ジュニアオリンピックは10月23日県内7会場で行われた。小学生652人、中学生374人の計1026人が試験に臨んだ。
 金を含むメダリストに小学生の部は金2人、銀13人、銅21人、奨励賞に28人が輝いた。
 小野君は、「大きな問題は7つ、その中に小さい問題がいくつかあり、理解の柔軟性を問われる問題もあった。このオリンピックに出なくても出来る人はいるはず、来年も参加したい」と語り、将来の夢に対しては「お父さんと同じく医者になりたい。僕は内科医」と力強い抱負を述べた。
 表彰式は来年1月5日に福島市の福島テルサで行われる。
 市内小学校のメダリスト、受賞者は次の通り。
▽銅賞=藤盛陽光(阿武隈小6年)菊地泉希(同)▽奨励賞=上野なつき(阿武隈小6年)佐藤碧(柏城小6年)石井千愛(白江小5年)