絶好調男中畑清のトークショー

中畑清 中央公民館の文化講演会は来年1月17日午前6時15分から、元横浜DeNAベイスターズ監督の中畑清さんを講師に迎え、市文化センターで「人生まだまだ絶好調!」を演題にトークショーを開く。12月5日から前売り券を発売する。
 文化講演会は各分野の第一線で活躍している著名人を招き、講演を通じて市民一人ひとりの文化的資質、志、自己表現を養うため開かれる。
 「今でしょ!」が代名詞の林修さんや教育評論家の尾木直樹さん、昨年は女優の藤原紀香さんを迎えた。
 中畑さんは矢吹町出身で安積商業高校野球部で三塁手・遊撃手・捕手を務め、駒沢大学では直射日光を避けるための偏光サングラスと一本足打法で注目を浴び、2年の春には東都大学リーグで首位打者争いをするほど活躍した。
 1976年から1989年まで読売ジャイアンツの中心打者として活躍し、ゴールデングラブ賞を7年連続で受賞した。
 労働組合日本プロ野球選手会初代会長を務め、2004年のアテネオリンピック野球日本代表のヘッド兼打撃コーチとして銅メダル獲得に貢献。その後横浜DeNAの監督を務めるなど指導者としても評価が高く「絶好調男」として人気がある。
 2015年12月25日、出身地である矢吹町で「名誉町民第1号」の称号が贈られた。
 前売り券は1000円。12月5日から市内各公民館、市文化センター、鏡石町公民館、文化の森てんえいで発売を開始する。
 問い合わせは中央公民館(℡73―4407)まで。